フォト
無料ブログはココログ

文化・芸術

2014年10月29日 (水)

カマキリ劇場

昼夜逆転で仕事をしていた時のことです。

真夜中、作業テーブルの上に突然カマキリ君が訪ねてきました。

第1幕-ティッシュボックスの上に降りてきて。

① 私・・オー、よく来たな。陣中見舞いかい。

  カマキリ・・「なんかフワフワして落ち付かねぇーな。」

0031

② カマキリ・・「オットット、、。ほら落ちちゃった。こういうところは苦手だな」

   私・・じゃーこっちはどうだい。

0021

第2幕-スタンド(照明)の上にて

③ カマキリ・・「何だ、これは、、。変なの」

  「さっきはフワフワ、こんどはカチカチ、、。」変な所へ来ちゃったな。

0041

④ とは言いながら、居心地は悪くなさそうです。

   カマキリ・・「ところで、仕事は順調にいってんの、、」

   私・・ 「え、ええ、まぁ 何とか頑張ってます。sweat01

0081

第3幕-キッチンの棚下灯へ

⑤ カマキリ・・「じゃー、あんまり仕事の邪魔しちゃ悪いから、こっちで見てるからな。

       仕事、手ェ抜くなよ」

   私・・sweat01  sweat01  sweat01

0251

⑥カマキリのシルエットはとてもうつくしい。見事なプロポーションです。

0271

おしまい。

2013年6月11日 (火)

私の陶芸(11) ストライプ

花がだいぶ続いたので、この辺で陶芸作品を入れて一服。4月窯だししたものの中から。

6月はすでに次の素焼きが始まりました。

ストライプシリーズーその他

●スクエアストレート《大》《小》          

Img_45221

Img_44311

Img_45161

●トライアングル《A》《B》

これはトライアングル-Cシリーズの制作過程で失敗した部品。

物としては小さすぎるが、意外な面白さもあるので生かすことにした。

Img_45651

Img_44261

Img_44281

2013年5月 3日 (金)

身近な野草《タンポポ-2》

タンポポは芽が出てから枯れてなくなるまでの間、ところどころにいい表情を見せてくれる。

今回はそんな途中の一コマを探してみた。

①球形の綿毛が風に飛ばされていく

Img_48161
②筆先のような綿毛が開くときれいな球形になる

Img_48071
③花が開くまえ

Img_48251
④蕾

Img_48261

2013年4月29日 (月)

公園の花《ボタン》

あっちこっちでボタンの花が咲き始めた。さて公園のボタンは、、。

少しに早かったようですが、白と赤咲き始めていました。

Img_47751

Img_47771

Img_47781

Img_47791

Img_47801

2013年4月27日 (土)

身近な野草《タンポポ》

余りにもありふれた花、タンポポだが。

花も見事な造形美、綿毛は驚異的な構造と繊細なディティール、目を奪われますね。

Img_46521

Img_46531

Img_46601

Img_46631

2013年4月23日 (火)

身近な野草《カラスノエンドウ》

この頃は近所を歩くといろいろな野草が咲いている。立ち止まってよく見るとそれぞれ個性的で面白い。接近すると見えないところが見えてきます。

カラスノエンドウは昨年撮りそこなったので今年は撮ろうと、育ちのよさそうなのを探して公園へ。

撮ってみるととてもいい花です。花の形、色、葉のリズミカルな連続など絵になりやすいですね。ただあまりにも小さいので鑑賞にはね、難しいかな。

Img_46002

Img_46041

Img_46061_2

Img_46051_2

2013年4月22日 (月)

団地の雑草

団地の中で見つけた雑草たち

①ナズナ

Img_43341

②オオイヌノフグリ

Img_43371

③スミレの一種でしょうか

Img_45851
④ハナニラ

Img_45771

2013年4月19日 (金)

日陰のハルジオン(春紫苑)・シャガ(射干)

ハルジオン・シャガ、今どきよく見かける日陰が似合う花です。

ハルジオンは漢字にすると「春紫苑」と悪くはないが、別名「貧乏草」とも言われ、不名誉な地位に甘んじている。

この花の名誉のためにスポットをあててみた。

似た花にヒメジョオン(姫女苑)

Img_45831

Img_45801

Img_45781

④シャガ

Img_45901

Img_45941

2013年4月15日 (月)

ホトケノザ

小さな雑草ですが好きな花の一つです。春の七草のひとつですね。

公園の日の当たらないところで群生している。

この花のディティールは面白いですね。

Img_43132

Img_43242

Img_42841

Img_42851

Img_43311

2013年4月13日 (土)

団地の風景

事務所のマンションが改修工事中。1月から始まってそろそろ終盤に来たようです。

黒いメッシュシートで覆われた毎日です。工事が終わらないうちにUPしておこう。

全部の工事が終わるまでは半年がかりでます。

25棟もある団地全体が黒のメッシュシートで覆われて、団地全体が異様な空間に。

窓は締めっぱなし、レースカーテンも締めっぱなし、ベランダには出られない、洗濯物も外に干せない、これが4か月も続くとストレスがたまる。

ようやく今月末には足場が撤去されるようです。 

0161

0171

Img_40082

④階段の踊り場から外を見る

Img_40051

⑤ベランダの足場越に見た夕焼けの富士山(林の中の三角形)

001

最近の工事で使うシートは網戸よりも透視性の良いメッシュシートを使用するので、以前のように、不透明のシートで覆われたのとは違い、風通しもよく、うっとうしさは相当に改善されストレスは少なくてしみました。

より以前の記事一覧